Unityの機能「ShaderGraph」で遊ぼう(立命館大学 情報理工学部プロジェクト団体 RiG++)

団体名

立命館大学 情報理工学部プロジェクト団体 RiG++

勉強会名

Unityの機能「ShaderGraph」で遊ぼう

詳細

コーディングなくして簡単にシェーダーを作成できるUnityの機能「ShaderGraph」で、1枚の画像に様々なエフェクトを付加して遊びます。

参加条件

なし

必要なもの

UnityをインストールしたPC、(もしあれば)お好きな画像データ1枚

補足

前提の知識は仮定しませんが、Unityのごく基本的な操作がわかるなら理解しやすいと思われます。Unityのバージョンは2019.4.7を使用します。また、利用するパッケージの「UniversalRP」のバージョンは7.3.1です。

Twitterでフォローしよう